脂漏性皮膚炎の場合どんなシャンプーを選んだら良いですか?

脂漏性皮膚炎は特殊な頭皮の皮膚炎です。

脂漏性皮膚炎は日々のシャンプー改善も欠かせない

マラセチアという真菌の一種の過剰な繁殖が主な原因と考えられており、湿疹やかゆみといった症状が見られます。

 

一見ニキビと症状が似ているので判断が難しく、放置しているとどんどん悪化し、場合によっては抜け毛を引き起こしてしまうこともあります。

 

そんな脂漏性皮膚炎は皮膚科で治療を受ける選択肢も重要ですが、日々のシャンプー環境の改善も欠かせません。

 

そもそもマラセチアが増加するのは余分な皮脂やバリア機能の低下といった頭皮環境の悪化が深くかかわっていると考えられており、シャンプー環境が原因に潜んでいる可能性もあるからです。

 

では脂漏性皮膚炎になってしまった場合にはどんなシャンプーを使用すればよいのか?いくつかのポイントがあります。

 

まずマラセチアを増殖させる原因とされる余分な皮脂をしっかり除去できること。

 

皮脂の分泌量には個人差がありますから、あくまで自分の頭皮の肌質を踏まえた上でシャンプーを選んでいくことが大事です。

 

脂性肌の方と乾燥肌の方では求められる洗浄力が違ってくるので気をつけましょう。

 

ただ一方で皮脂を洗い落とせずよいというわけではありません。

 

頭皮を刺激から保護する皮脂膜の形成・維持に必要な皮脂はちゃんと残す

 

落とすのはあくまで余分な皮脂ということになります。

洗浄力と必要な皮脂を残すことができるアミノ酸シャンプーがおすすめ

このさじ加減が難しく、ついつい過剰な清潔意識から必要な皮脂まで除去してしまい脂漏性皮膚炎を悪化させてしまう恐れもあるので注意しなければなりません。

 

こうした点を踏まえて考えるとアミノ酸シャンプーがもっとも理想的といえます。

 

適度な洗浄力で余分な皮脂を落としつつ必要な皮脂は残すことができる。

 

市販のシャンプーの主流となっている高級アミノ酸系シャンプーに比べて頭皮への刺激も少なく湿疹やかゆみができている部分に負担をかけずに洗うこともできるでしょう。

 

皮脂の分泌量が多くアミノ酸シャンプーでは十分に洗いきれないという場合には石鹸シャンプーも選択肢に加えてみましょう。

 

それからグリチルリチン酸ジカリウムに代表される抗炎症成分が配合された製品もオススメです。

 

炎症の進行を防がないとどんどん刺激に敏感になってシャンプーがしにくい状態になってしまうためです。

 

なお、殺菌成分も炎症対策には効果的ですが刺激が強い成分も多いので自分の肌に合うかどうかをよく検討したうえで判断することが求められます。

 

併せて頭皮のバリア機能を修復するのに役立つ保湿成分も含まれていれば理想的、こうした点を踏まえながらまずシャンプー環境から脂漏性皮膚炎対策を行っていくようにしましょう。
コスメルジュ編集部が選んだおすすめポーラのシャンプー>>

コスメルジュ編集部が選んだおすすめポーラのシャンプー

フォルムシャンプー オススメ!

たるみ美容液おすすめフォルム

ノンシリコンなのにきしまない!髪も頭皮も紫外線とエイジングのWケア
250ml1,296円・税込/550ml2,592円・税込
さらに詳しく見る>>

グローイングショット グラマラスケアシャンプー オススメ!

グローイングショット グラマラスケアシャンプー

40代以降のヘアケア専用!ハリとコシを取り戻して艶やかな黒髪に
370mL3,132円・税込※3月31日迄送料無料!
さらに詳しく見る>>