シャンプー後に行いたいこと、注意したいことは?

シャンプーは洗いっぱなしではなくその後のケアも大事です。とくに夜のシャンプーはそのまますぐに就寝してしまうことが多く、頭皮のダメージや衛生状態の問題を抱えてしまいがちです。

濡れたまま寝ると細菌の増殖でニキビや吹き出物が出る

ポーラシャンプー口コミ洗髪頻度

シャンプー後に絶対に行わなければならないのがドライヤーによる乾燥です

 

濡れた状態のまま就寝でも使用ものなら湿度の高い状態で細菌が繁殖する絶好の環境が作られてしまいます。この細菌が蒸れた環境で頭皮の皮脂をエサに増殖していくことでニキビや吹き出物といったトラブルの原因を作ってしまいます。

 

朝晩を問わずシャンプー後はドライヤーでしっかり乾かす習慣を身につけましょう。ただし、ただドライヤーで乾かせばよいというわけではなく、乾かし方に注意が必要です

 

よく早く乾かしたいとばかりにドライヤーの送風口を毛髪にくっつけるくらい近づけて使っているケースが見られますが、熱風を至近距離で毛髪に当てると大きなダメージを与えてしまいます。ドライヤーの熱は60度を超えることもあります。

 

この熱を毛髪に晒すとたんぱく質が壊れてしまい、キューティクルが傷んだり、水分が失われてパサパサになってしまう恐れがあるのです。

 

この点はドライヤーを15センチ以上離した位置で使うのが理想的といわれています。ついつい近づけたくなるのをグッとこらえた上で乾かしていくよう心がけましょう。

ドライヤーを使う時は根元から

ポーラシャンプー口コミ洗髪頻度

もうひとつ注意したいのはあまり長い時間熱風を毛髪と頭皮にあてないことです。

 

距離を離してドライヤーを使うとその分乾くのに時間がかかってしまうので「じゃあどうすればいいのか?」となるわけですが、熱風を当てすぎずできるだけ短い時間でドライヤーを完了させるためにもまずタオルでよく水分を吸い取っておきましょう

 

ロングケアの方はまず全体をタオルで拭いた後に髪の毛をタオルに挟み込んで水気を吸い取ります。その際にはタオルに軽く圧力をかけて水分を吸収させるのがポイント、ゴシゴシと擦るのではなく優しく扱うよう心がけましょう。

 

あとドライヤーに関してはもうひとつ、毛先ではなく頭皮から先に乾かしていくのが基本です。ロングケアの方ほど毛先から乾かしてしまいがちなので注意しておきましょう。

 

シャンプー後のケアでドライヤーと並んで欠かせないのがブラッシングです。ロングケアの方はブラッシングをしないと髪の毛がもつれてしまう恐れがあります。

 

また皮脂を毛髪に行き渡らせることでシャンプー後に乾燥しがちになっている状態を改善することができます。無理にブラッシングすると毛髪が切れたり傷んだりしてしまうのでゆっくりと優しく行いましょう。また頭皮に適度な刺激を与えながら行っていくとマッサージ効果も期待できます
コスメルジュ編集部が選んだおすすめポーラのシャンプー>>

コスメルジュ編集部が選んだおすすめポーラのシャンプー

フォルムシャンプー オススメ!

たるみ美容液おすすめフォルム

髪も頭皮もケアしたい!ノンシリコンなのにきしまないPOLA1番人気シャンプー
250ml1,320円・税込/550ml2,640円・税込
詳しくはこちら!>>

グローイングショット グラマラスケアシャンプー オススメ!

グローイングショット グラマラスケアシャンプー

細く弱くなってしまった髪に!頭頂部のボリュームアップに人気のシャンプー
370mL3,190円・税込
詳しくはこちら!>>

エステロワイエシャンプー

エステロワイエシャンプー

海浜植物エキスとシトラスの香りに癒される!自宅にいながらエステ体験♪
400mL1,540円・税込 ※通販限定
詳しくはこちら!>>