髪の紫外線ケアで気を付けたい事は?夏だけではダメ?

紫外線ケアといえば日焼け対策、さらに老化・乾燥対策におけるもっとも重要なポイントですが、もうひとつ忘れてはならないのが頭皮と毛髪への影響です。顔は日焼け止めでしっかりケアしているのに頭皮と毛髪は紫外線に晒しっぱなし…そんな環境を続けていると髪の毛が傷んでしまったり、ヘアサイクルが乱れて薄毛の原因になってしまう恐れもあります。

髪は紫外線ダメージでメラニン色素が失われやすくなる

たるみ美容液おすすめ紫外線ケア

毛髪が紫外線を浴びると色をつけているメラニン色素を分解してしまい、色が薄くなっていきます。夏場レジャーなどであちこち出かけて回った後に髪の毛が茶色くなってしまうことがありますが、これもメラニン色素が失われてしまったためです。この紫外線のダメージが蓄積していくと最終的には白髪になってしまうこともあります

 

さらに強い紫外線を浴び続けているとそのダメージで毛髪のキューティクルが壊れて表面にヒビが入るなどの問題も生じます。いったんヒビが入ってしまうとそこからどんどん水分が失われたり、パーマ・ブリーチの成分が入り込むことで毛髪が傷んでいきます。

 

このように髪を紫外線に晒し続けているとさまざまなトラブルを抱えることになります。加えて頭皮の老化や乾燥が進めば健康な毛髪が作られにくくなるわけですから、今生えている毛がダメージを受け、しかも新しい毛もコシやハリに欠けているといった状態に陥りかねません

髪の紫外線ケアは夏だけでなく1年中行うことが大切

ですから顔と同じくらい髪の紫外線ケアもしっかりと行っていきましょう。一番よいのは帽子や日傘で直接日差しを遮ることです。毛髪の場合は日焼け止めを使用するのができないため、この方法が一番効果的です。

 

あるいは毛髪の表面をコーティングして紫外線から保護する働きを持つトリートメントを使用するといった対策も有効です。外出先でも手軽に使用できるUVカット効果を備えたスプレーなども市販されているのでレジャーに行く機会がある方は用意しておくとよいかもしれません。

 

ただ注意したいのは紫外線ケアは夏場だけのものではない点です。たとえば4〜5月は夏場と比べてもそん色ないほどの量の紫外線が降り注いできます。この時期に油断して日焼け対策を怠ったらたちまち日焼けを起こしてしまった、という経験をお持ちの方も多いはずです。

 

春先、また涼しくなってきた10月の紫外線にも注意しましょう。あと天候と紫外線の関係も大事な点です。晴れた日だけでなく曇り空や雨の日でも紫外線は降り注いでいます。曇り空で晴れの60パーセント程度といわれていますから、夏場などは曇り空でも髪の紫外線ケアを行っておくべきでしょう。
コスメルジュ編集部が選んだおすすめポーラのシャンプー>>

コスメルジュ編集部が選んだおすすめポーラのシャンプー

フォルムシャンプー オススメ!

たるみ美容液おすすめフォルム

髪も頭皮もケアしたい!ノンシリコンなのにきしまないPOLA1番人気シャンプー
250ml1,296円・税込/550ml2,592円・税込
さらに詳しく見る>>

グローイングショット グラマラスケアシャンプー オススメ!

グローイングショット グラマラスケアシャンプー

細く弱くなってしまった髪に!頭頂部のボリュームアップに人気のシャンプー
370mL3,132円・税込
さらに詳しく見る>>