アホ毛の原因ときれいな直し方は?

アホ毛とはずいぶんな名称ですが、これはまだ成長途中で短い髪が立った状態になってしまっている状態のことです。アニメでこうした1〜2本の髪がぴょこんと立った髪形をしたキャラクターが多いことからつけられたといわれています。

アホ毛は成長途中の毛より傷んで切れた毛が目立っている

たるみ美容液おすすめアホ毛ケア

長い髪であればあるほどこのアホ毛は目立ちやすく、せっかく一生懸命スタイリングをしてもアホ毛が数本立っているだけでボサボサな印象をもたれてしまいます。

 

毛髪はヘアサイクルの影響ですでに長く伸びている毛とまだこれから伸びていく毛が混在しています。ですから短い毛があるのも当然といえば当然なのですが、アホ毛が目立つ方はそれだけが原因ではなく、日ごろのヘアケアに問題があるケースが多く見られます。

 

成長途中でまだ短い毛よりも誤ったヘアケアで途中で切れてしまった毛の方が立ってしまうことが多いからです。

 

ドライヤーを使いすぎていないでしょうか?また近すぎる位置から温風を当ててしまっていないでしょうか?また紫外線のダメージも大きな問題です。日ごろから毛髪が紫外線を浴びる環境だとそのダメージが蓄積してキューティクルが壊れやすくなるなど毛髪が傷んでいきます。その結果ブラッシングの際に途中からブチっと切れてしまいアホ毛ができやすくなります。

 

もうひとつ注意したいのは食生活です。栄養バランスが乱れた食生活を送っていると血行不良や栄養不足に陥り、毛根で毛髪を作っている毛母細胞に十分な栄養と酸素が行き渡らなくなる恐れがあります

アホ毛ケアには傷んだ髪の修復とヘア環境全般の見直しが大切

そうなると健康な毛髪を作ることができず、細くと弱い毛髪ばかりが作られていきます。その結果傷みやすく、途中で切れてしまいやすくなるのです。

 

きれいな直し方としてこれらの原因を改善しつつ、シャンプーやトリートメントで傷んだ髪の毛の修復を目指しましょう。

 

とくに表面をコーティングして紫外線や乾燥を防ぐよう心がけること、また毛髪のまとまりをよくすることで櫛の通りがよくなりスタイリングの途中でブチっと切れてしまう可能性が少なくなります。

 

現代人は過剰なヘアケアを行ってしまいがちです。それに加えてブリーチやパーマで毛髪を傷めることで毛髪が切れやすい環境を作っているため、アホ毛の対策ではそうした環境を全面的に改め、毛髪の健康にとってよいヘアや生活習慣を心がけていくことが大事です。

 

すでにできてしまったアホ毛に悩まされている場合には美容院でうまくカットしてもらうか、分け目をかえて目立たなくさせるといった方法がおススメです。
コスメルジュ編集部が選んだおすすめポーラのシャンプー>>

コスメルジュ編集部が選んだおすすめポーラのシャンプー

フォルムシャンプー オススメ!

たるみ美容液おすすめフォルム

髪も頭皮もケアしたい!ノンシリコンなのにきしまないPOLA1番人気シャンプー
250ml1,296円・税込/550ml2,592円・税込
さらに詳しく見る>>

グローイングショット グラマラスケアシャンプー オススメ!

グローイングショット グラマラスケアシャンプー

細く弱くなってしまった髪に!頭頂部のボリュームアップに人気のシャンプー
370mL3,132円・税込
さらに詳しく見る>>