フケの原因と対策は?毎日シャンプーしているのに何故出るの?

フケに悩まされる方が増えているといわれます。しかも一昔前とは事情が異なり、毎日しっかりシャンプーしているにも関わらずフケが出てしまい、どうしても改善することができないというケースが少なくないのです。フケといえば不衛生な人に出来るとのイメージが現在でも根強いわけですが、どうして清潔な環境を心がけているのに出てしまうのでしょうか。

 

この疑問を解消するためにはまずフケには2種類あることを把握しておきましょう。脂性(湿性)フケと乾性フケです。どちらもシャンプーをしているのにできてしまうことが多いのですが、その原因はまったく異なります。

脂性フケと乾性フケでは原因や対策が異なるので、自分がどちらか把握することから始める

ポーラシャンプー口コミフケ予防

脂性フケとはその名の通り脂っぽい状態でできるフケのことです。かつてフケといえばもっぱらこのタイプのことを言いました。頭皮が皮脂でべたついており、それが固まりになって白いフケができるのが特徴です。

 

不衛生な状態で皮脂が蓄積した場合に起こるだけでなく、皮脂の分泌量が過剰になってしまうことでもできるのが厄介な点で、ストレスが原因、あるいは一生懸命洗いすぎた結果必要な分の皮脂まで除去してしまったことで分泌量が増えてしまった際など生じます。

 

それから食生活と睡眠不足。脂っぽい食べ物をたくさん食べている方、睡眠不足で頭皮のターンオーバーがうまく機能していない方は皮脂や古くなった角質が毛穴に詰まってフケができやすくなります。シャンプーで余分な皮脂をしっかり除去するだけでなく、皮脂の分泌量を増やしてしまっている原因を改善することが重要なポイントとなります。

乾性フケは乾燥した頭皮が剥がれ落ちたものでバリア機能や保湿力の低下が原因

一方乾性フケとは頭皮が極端に乾燥した場合にできるものです。頭皮の表面がカサカサに乾燥した結果は表皮が剥がれ落ちてしまい、それがフケとなるのです。薄くて乾いたフケをしているのが大きな特徴です。

 

このタイプではもともと乾燥肌の方はもちろん、洗浄力が強すぎるシャンプーで必要な皮脂を落としすぎてしまった結果バリア機能と保湿力が低下してしまっている方によく見られます。改めてシャンプー環境を見直すことが対策の大前提となります。

 

こうしてみると毎日のシャンプーがかえってフケの原因となってしまっているケースが多いことがわかります。この点も注意して日々のヘアケア環境を見直してみてはいかがでしょうか。

コスメルジュ編集部が選んだおすすめポーラのシャンプー

コスメルジュ編集部が選んだおすすめポーラのシャンプー

フォルムシャンプー

たるみ美容液おすすめフォルム

ノンシリコンなのにきしまない!髪も頭皮も紫外線とエイジングのWケア
250ml1,296円・税込/550ml2,592円・税込
>>FORMの公式ホームページで詳しく見てみる!
アロマエッセゴールド シャンプー

アロマエッセゴールド シャンプー

4つのゴールデンエキス配合!頭皮の乾燥による抜け毛にはこのシャンプー
460mL1,620円・税込
>>アロマエッセゴールドの公式ホームページで詳しく見てみる!
グローイングショット グラマラスケアシャンプー

グローイングショット グラマラスケアシャンプー

40代以降のヘアケア専用!ハリとコシを取り戻して艶やかな黒髪に
370mL3,132円・税込
>>グローイングショットの公式ホームページで詳しく見てみる!
エステロワイエシャンプー

エステロワイエシャンプー

海浜植物エキスとシトラスの香りに癒される!自宅にいながらエステ体験♪
400mL1,512円・税込
>>エステロワイエの公式ホームページで詳しく見てみる!