ホテルアメニティで大人気のアロマエッセが販売再開!

アロマエッセゴールド シャンプー

品薄のため販売を休止していた、リゾートホテルを始め全国のホテルのアメニティグッズとして大人気のPOLA アロマエッセゴールド シャンプーが販売を再開しました!
華やかなローマンカモミールとミモザの香りが優しく癒してくれるノンシリコンアミノ酸シャンプーをこの機会に試してみては?
460mL 1,650円・税込 ※通販限定・お一人様1点限り 
詳しくはこちらから>>

頭皮の乾燥原因と対策にはどのようなものがありますか?

頭皮の乾燥と季節・環境

頭皮乾燥の原因はおもに生活環境と健康状態にあると言います。

 

過剰なヘアケア、刺激の強すぎるシャンプーの使用、さらには加齢やストレスなどによる頭皮環境・血行の悪化など。

紫外線は頭皮の乾燥・老化を進めてしまう

しかしそれ以外にも乾燥の原因として注意すべき点がいくつかあります。

 

とくに気をつけたいのは周囲の環境やその変化です。

 

たとえば季節。夏場は紫外線が強く降り注ぐ季節です。

 

顔や腕には紫外線対策をしっかり行っている人も頭皮は無防備、というケースが目立ちます。

 

しかし頭皮こそもっとも紫外線を多く浴びる部分です。

 

紫外線は頭皮を乾燥させるだけでなく、活性酸素を発生させて老化を進めてしまいます。

 

その結果セラミドが失われて乾燥が進み、さらには血行不良によって頭皮が硬くなってしまうなどの問題が生じます。

 

毛髪があるのでUVカット製品を使用することはできないため、帽子をうまく活用して紫外線から頭皮を守る対策を行いましょう。

 

夏場は曇り空でもかなりの量の紫外線が降り注いでいるので注意したいところです。

冷房環境や冬場の乾燥にも注意を

夏場ではもうひとつ、冷房環境にも注意が必要です。

 

職場によっては一日中冷房が効きすぎた環境で過ごさなければならないこともあります。

 

こうした環境で肌が乾燥しやすいだけでなく、血行不良の原因にもなります。

 

とくに頭皮はスキンケアで乾燥対策が出来ないので冷房の影響を受けやすいのです。

 

さらに血行不良とも関わってきますが、冷房が効いた部屋で長時間過ごす習慣がついてしまうと体温調節がうまくできなくなるほか、皮脂分泌のコントロールもうまくできなくなってしまい、皮脂量が減ってしまう恐れもあります。

 

乾燥といえば冬場にも注意が必要です。

 

こちらも暖房に注意が必要なほか、入浴後の急激な温度変化が肌の乾燥をもたらします。

 

スキンケアでは入浴から出たらできるだけ早く化粧水でケアする必要があると言われますが、頭皮も脱衣所の寒い環境に長く晒さず、できるだけ早く暖かい部屋に移動する心構えが必要です。

 

そのほか夏場の紫外線や蒸れた環境のダメージが秋になって一気に現われることもあります。

 

こうした点に注意しつつ、季節や生活環境に合わせて適切な頭皮乾燥対策を心がけましょう。

 

頭皮乾燥の主な原因
・生活環境、健康状態、過剰なヘアケア、刺激の強いシャンプーなどの使用、加齢やストレスなどによる頭皮環境・血行の悪化などが挙げられる

 

→特に気を付けたいのは季節や環境の変化
・夏場の紫外線は頭皮の乾燥だけでなく、活性酸素を発生させ老化を進める
・長時間の冷房により、血行不良に陥ったり、皮脂分泌のコントロールもうまくできず、皮脂量の減少を招くことがある
・冬場は暖房による乾燥、特に入浴後の急激な温度変化に注意。夏場のダメージが一気に現れる季節でもある

 

頭皮の乾燥とフケ

フケといえばかつては不潔の代名詞として扱われていました。

 

しかし近年では毎日しっかりと洗髪しているにも関わらずフケに悩まされている人が増えています。

極度の乾燥が頭皮のフケやかゆみの原因にも

また、フケといえば脂性肌の人に生じやすいイメージももたれていましたが、乾燥肌の人にも生じるケースも増えている状況です。

 

フケは余分な皮脂や角質によって生じるもの、というのが一般的なイメージです。

 

そのため乾燥肌の人はフケは関係ないのではないかと思っている人も多いようです。

 

しかし乾燥肌の人には脂性肌とはまた違った理由でフケが生じることがあるのです。

 

まず極度の乾燥状態

 

乾燥が進み、肌がカサカサの状態になってしまうとかゆみに悩まされることになります。

 

この点は他の部位の乾燥肌と同様です。

 

頭皮の場合、かゆみに負けてかき続けていると頭皮の表面が剥がれてしまい、それがフケとなるのです。

 

そのため、脂性肌のじっとりと湿ったフケとは異なり、薄くてカサカサな状態なのが大きな特徴です。

バリア機能が低下すると皮膚炎へ進行してしまうケースも

もうひとつの原因は肌の炎症

 

炎症が生じた部分にフケが生じたり、さらに悪化すると膿が生じることもあります。

 

これは乾燥状態によるバリア機能の低下が大きな原因です。

 

雑菌やウイルスの進入・繁殖を許しやすくなることで頭皮トラブルが生じやすくなるのです。

 

よくあるケースではニキビのほか、脂漏性皮膚炎が頭皮に発症する皮膚炎として挙げられます。

 

それからもうひとつ注意したいのが接触性皮膚炎

 

肌に合わない刺激の強いシャンプーを使用することで頭皮の乾燥が進むだけでなくアレルギー症状が生じてしまうこともあります。

 

こうした乾燥がきっかけに生じた頭皮トラブルに関しては乾燥対策はもちろんのこと、そのトラブルそのものを改善するための対策も行っていく必要があります。

 

ニキビと脂漏性皮膚炎は症状が似ているうえに治療方法がまったく異なるため、症状を見極めたうえで適切な治療を行っていくことも大事です。

 

このように、頭皮の乾燥がきっかけでフケが発生することもあるのです。

 

脂性肌ではない人も油断せずに日々の頭皮ケアを行っていきましょう。

 

■乾燥肌のフケの特徴
・脂性肌のじっとりと湿ったフケとは異なり、薄くてカサカサした状態
■乾燥肌のフケの原因
・極度の乾燥によるかゆみ
 →かくことで頭皮の表面が剥がれてしまい、フケとなる
・肌の炎症が生じ、バリア機能が低下する
 →雑菌やウイルスの侵入・繁殖が行われ頭皮トラブルに
・接触性皮膚炎 
 →肌に合わない刺激の強いシャンプーで乾燥が進んだりアレルギー症状が生じることも
■頭皮トラブルの症状
・ニキビ、脂漏性皮膚炎など
 →ニキビと脂漏性皮膚炎は症状が似ているが、治療法が異なるため症状をよく見極める

 

頭皮の乾燥に効果的なオイルマッサージ

頭皮の乾燥対策にオススメしたいのがオイルマッサージ

 

乾燥肌の人は脂分が不足しがちで、それが頭皮表面の水分を蒸発させてしまっていることが多いのです。

 

それをオイルを補うことで改善するわけです。

ホホバオイルは皮脂と似た構造で馴染みやすい

オイルマッサージの中でもとくにオススメなのがホホバオイル

 

ホホバという木から抽出されるこのオイルには人間の皮脂と非常に似た構造を持っており、人体への親和性が高いのです。

 

そのため肌になじみやすく、不足している皮脂の代わりに頭皮表面の水分保持に役立ってくれます。

 

ではこのホホバオイルを活用してどのようなオイルマッサージを行っていけばよいのでしょうか。

 

現在ではホホバオイルを配合したスカルプシャンプーも売られているため、それを利用するのが一番の近道かもしれません。

 

またもっとも本格的にオイルマッサージを乾燥対策に取り入れたい場合にはホホバオイルそのものを別途に購入しましょう。

 

ホホバオイルを別途に購入した場合には洗髪の前に水で薄めた状態で使ってみましょう。

 

強く擦らず、指の腹で優しく揉んでいく感覚でマッサージしていきましょう。

オイルマッサージによりシャンプーの負担も減らせる

頭皮に浸透させるだけが目的ではなく、マッサージによって血行を促進すること、そして毛穴の奥の汚れをかきだすことも大事な目的です。

 

とくに後者はシャンプーの負担を減らす意味でも重要です。

 

オイルマッサージの段階で毛穴の汚れをかきだしておけばシャンプーで何度も擦る必要もなくしっかり落とすことができるからです。

 

マッサージによるリラックス効果も重要なポイントです。気持ちいいと思える範囲で行ってみましょう。

 

オイルマッサージを終えた後にシャンプーを行うわけですが、必ずすすぎをしっかり行い、オイルと洗浄成分の両方が頭皮に残らないように注意しましょう。

 

そして終わったら蒸しタオルで頭皮を覆って保湿を心がけます。

 

これによって水分が蒸発するのを防ぐと同時に改善された血行を維持することができます。

 

入浴時にそれほど手間をかけることなくできるので日々の乾燥肌対策に試してみてはいかがでしょうか。

 

ホホバオイルによる頭皮マッサージの順序やコツ

1.ブラッシング ブラッシングをすることで頭皮についたゴミやホコリを浮き上がらせる
2.オイルを頭皮全体に馴染ませる 小さじ1杯程度を頭皮全体につける
3.マッサージ 頭皮を揉むようにして全体をマッサージする。指の腹を使い爪は立てないように
4.蒸しタオルで頭皮を蒸らす 5〜15分程蒸らすことでホホバオイルに汚れを馴染ませる
5.洗い流す 温かめのお湯でしっかり洗い流す
6.シャンプー・トリートメント いつも通りのシャンプーとトリートメントを行う。1回目はオイルを流すつもりで、2回目は髪や頭皮の汚れを落とすイメージで

 

頭皮の乾燥と食生活

食生活は健康の土台です。

 

この土台に問題を抱えているとさまざまなトラブルを抱えてしまうことになります。

糖分・脂肪分の過剰摂取は皮脂の増加を招く

頭皮トラブルも例外ではありません。

 

なかなか改善されない頭皮トラブルの原因がじつは食生活にあるかもしれないのです。

 

では食生活と頭皮トラブルの関係について見てみましょう。

 

多くの人がまず連想するのか糖分・脂肪分の過剰摂取による皮脂の増加

 

それがきっかけで頭皮ニキビやフケの悩みを抱えるケースがよく見られます。

 

乾燥肌の人には関係がないことのように思えますが、皮脂バランスの乱れは決して頭皮の健康に良いことではないので注意しましょう。

 

まして乾燥肌を改善するために糖分、脂肪分を多く摂る生活は問題外です。

 

乾燥肌との関わりで注意したいのは血行不良と肌の老化

 

とくに30歳以上になると老化が乾燥の大きな要因となります。

 

紫外線対策はもちろんのこと、体の内面から若さを維持する対策が求められるのです。

ビタミン類が不足すると血行不良などで頭皮トラブルが

食生活での注意点は野菜不足

 

ビタミンCやビタミンEといった抗酸化成分が不足すると老化かが進みやすくなります。

 

またビタミンB群をはじめ、ビタミンは健康な肌と毛髪を作るうえでも欠かせません

 

年齢を重ねるにつれて乾燥が気になり始めた人は野菜をもっと取り入れる食生活へと改めてみましょう。

 

血行不良は脂性肌・乾燥肌を問わず頭皮トラブルの大きな原因となります。

 

これも糖分や脂肪分が多い食事を取ると血液がドロドロになって生じやすくなるので注意しましょう。

 

また、パントテン酸や上述したビタミンC、ビタミンEのように血行を促す作用を持った成分や発酵食品やにんにく、唐辛子といった体を暖める食材を意識して摂取するのもオススメです。

 

ただ香辛料はあまり多く摂りすぎると肌のかゆみをもたらす可能性があるので適量を心がけましょう。

 

もちろん、栄養バランスの取れた食生活が大前提なのは言うまでもありません。

 

無理なダイエットで栄養不足に陥るのも問題外。

 

健康的な食生活を送っていなければどんなヘアケアや頭皮ケアも十分な効果が期待できないことを覚えておきましょう。

 

食生活と頭皮トラブルの関係
・糖分・脂肪分の過剰摂取による皮脂の増加
 →頭皮ニキビやフケの原因
 血液がドロドロになり、血行不良など頭皮トラブルの原因にも
・野菜不足
 →ビタミンCやビタミンEといった抗酸化成分が不足すると老化が進みやすくなる
 ビタミンは健康な肌と毛髪を作るうえでも欠かないので、積極的に摂取する
 発酵食品やにんにく、唐辛子といった体を温める食材もオススメ

 

頭皮の乾燥とストレス

現代社会はストレス社会とも言われています。

 

また、心身のストレスや疲労が原因で不眠症や睡眠障害に陥るケースも増えています。

 

わたしたちは何かと心身のバランスが崩れやすい環境で生活を送っていることは間違いないでしょう。

不眠やストレスは頭皮トラブルを引き起こしやすくする

そんな不眠やストレスといった問題は頭皮環境にも大きな影響をもたらします。

 

まず不眠。よく眠れなければ当然疲労を解消できず蓄積していくことになります。

 

その結果免疫力が低下し、ニキビや脂漏性皮膚炎といった頭皮トラブルを引き起こしやすい状態になってしまいます。

 

また不眠症による心身の疲労がストレスを増やしたり、逆にストレスが不眠症をもたらすといった因果関係にも注意が必要です。

 

一般的にストレスが蓄積すると自律神経が乱れ、交感神経が優位になることで脳が興奮状態になり不眠症に陥りやすくなります。

 

ではストレスがもたらす頭皮環境への影響を見てみましょう。

 

まず皮脂の分泌量の増加。男性ホルモンの働きが活発化することで皮脂の分泌量が増加します。

 

これは男性だけでなく女性にも生じるので注意が必要です。

 

女性の薄毛や頭皮トラブルの背景にこのストレスがもたらす男性ホルモンの活性化が潜んでいることもあるので気をつけましょう。

血行不良によるヘアサイクルの乱れは薄毛・脱毛の原因にも

ストレスがもたらすもうひとつの注意点は血行不良

 

先ほど自律神経の乱れと交感神経の優位について触れましたが、この交感神経には血管を収縮させてしまう作用もあります。

 

そのため優位な状態が続くと血行不良に陥り、頭皮に栄養と酸素が十分に行き渡らなくなってしまいます。

 

そうなると頭皮が赤くなったり、硬くなるほか、ヘアサイクルの乱れによる薄毛・脱け毛にまで影響を及ぼします。

 

ストレスの蓄積による免疫力の低下にも注意が必要でしょう。

 

このように、日々の生活の中で少しずつ蓄積していくストレスと不眠症の悩みが頭皮環境に悪い影響をもらたしている可能性もあります。

 

最近精神状態が不安定になっている、よく眠れないといった人は頭皮だけでなく心身の健康のためにも適切な対策方法を試みた方がよいでしょう。

 

不眠・ストレスと頭皮環境への影響
■不眠症・睡眠障害
 疲労が解消できず蓄積される
      ↓
 免疫力が低下し、ニキビや脂漏性皮膚炎と言った頭皮トラブルを引き起こしやすくなる
■ストレス
 男性ホルモンの働きが活発化し、皮脂の分泌量が増加
      ↓
 血行不良なども招き、頭皮に栄養と酸素が十分に行き渡らない
      ↓
 ヘアサイクルが乱れ薄毛・抜け毛の原因に

 

蓄積していくストレスや不眠症の悩みは頭皮環境に悪い影響を及ぼす。適切な対策を試みる

コスメルジュ編集部が選んだおすすめポーラのシャンプー

フォルムシャンプー

たるみ美容液おすすめフォルム

髪も頭皮もケアしたい!ノンシリコンなのにきしまないPOLA1番人気シャンプー
250ml1,320円・税込/550ml2,640円・税込
詳しくはこちら!>>

グローイングショット グラマラスケアシャンプー

グローイングショット グラマラスケアシャンプー

細く弱くなってしまった髪に!頭頂部のボリュームアップに人気のシャンプー
370mL3,190円・税込
詳しくはこちら!>>

アロマエッセゴールド シャンプー

アロマエッセゴールド シャンプー

全国のホテルアメニティで大人気!パサつく髪をしっとりまとめるシャンプー
460mL 1,650円・税込
詳しくはこちら!>>

エステロワイエシャンプー

エステロワイエシャンプー

海浜植物エキスとシトラスの香りに癒される!自宅にいながらエステ体験♪
400mL1,540円・税込 ※通販限定
詳しくはこちら!>>